やっぱりお給料?

最大のメリットは、やっぱりお給料

女性が風俗で働く最大のメリットは、やっぱりお金です!
頭が良いなら、自分で会社を興してガッツリ稼ぐことが出来ます。

顔がとても美しくて喋りも得意なら、銀座でホステスをして指名をドッサリと貰う事が出来ます。

玉の輿だって夢じゃありません。

・・・だけど、そうじゃない場合。

頭も良くないし、顔も普通だけど、っていう女性が大金を稼げるのは風俗だけだと思います。とは言っても、最近は可愛い子が多いですが。

風俗のお給料はどれくらいだと思いますか?
入店したばかりなら、1日に3万円保証されているお店が多くあります。

どんなに稼ぎたくても生理休暇は取らなくてはいけないので、1ヶ月に20日働けたとして、それだけで60万。

金曜日や土曜日は特に忙しいので、1日に5万以上稼ぐことも出来るのがこの業界。

また、デリヘルやソープは単価が高いのでそれ以上稼ぐことも可能です。

1ヶ月に100万円稼いでいる風俗嬢だっています。新宿風俗求人で発表されていた平均で週4以上だと40万を超えていますからね。

一般的なOLが1ヶ月、必死になって働いて稼げるのは月15万程度といわれています。

それを思えば、風俗で働くメリットの一番にお金を上げたくなるのは当然でしょう。

お客さんに触れなくても良いセクキャバなら、生理休暇を取る必要はありません。

26日ほどの出勤で、月に30万程度は稼げます。

 

デメリットは金銭感覚の狂い

風俗嬢は、お金を多く稼いでいるイメージがあると思います。

もちろんそれに違いはなく、普通のOLさんがビックリしてしまうほどのお給料を貰っています。

だからといって、貯金が出来ているのかと問われれば、答えはNO。

借金があるわけでもないのに、いつもお金に困っている風俗嬢はたくさんいます。

それは金銭感覚の狂いが原因です。

1日に3万~5万。

時には10万円稼げるこの世界ですから、自分の中での1万円の価値がグッと下がってしまいます。

今月稼げたのだから来月も稼げる、という無限のループから抜け出せず浪費を重ねてしまうケースも多いものです。

ブランドバッグや服、靴にメイク道具。

今はたくさんの物が溢れているので、使おうと思えばいくらでもお金を使える時代。

お客さんから与えられるストレスに耐え切れず、浪費をしてしまう風俗嬢もたくさんいます。

たくさん稼げることが最大のメリットである風俗の仕事ですが、それにより金銭感覚に狂いが生じることが、風俗で働く上でのデメリットではないでしょうか?
また、金銭感覚は風俗嬢をやめた後にも付いて回ります。

普通の仕事をしたいと思った場合、生活レベルをかなり落とさないといけないので、苦しい思いをするケースが多いようです。

 

性病への感染率が高い風俗の仕事

風俗嬢は様々な人と性行為をしてお金を貰っています。

高いお給料を貰っているのですから、それなりのリスクがつき物。

リスクの中でも一番高いのが、性病への感染ではないでしょうか。

本番行為をしなくても、性病には感染します。

カンジダは体調の優れないときにムリをしただけでなってしまうという嬢もいますし、クラミジアなどは自覚症状のないまま、お客さんと風俗嬢の間で感染し合っているという事実があります。

時には陰部がただれたり、ブツブツが出来たという話も聞いたことがありますので、定期的に婦人科を受診する必要があります。

しかし、自分がいくら気をつけていても、常連のお客さんが意識のないまま性病も持っていれば、何度も繰り返し感染してしまうのです。

付き合っている人がいるのなら、その人に移してしまう可能性も大いにあるでしょう。

しばらく仕事を休まなくてはいけないというリスクも付いてきます。

また、カンジダやクラミジアだと治療をすればすぐに治りますが、時には重大な性病のひとつであるエイズに感染してしまうこともあります。

そういった意味で、高いお金を貰うだけのリスクが風俗嬢にはついてまわるということを覚えておかなくてはいけません。

こちらの渋谷デリヘルの広告サイトを見てみると、性病検査を定期的に行っているお店があるのが分かります。

どうしても女の子は検査を嫌がる傾向にありますが、検査をすることは自分を守ることにつながりますので、なるべく定期的に検査を受けるのが大切です。